レポートボックス2020


提出日 7/26(月)


FF7RがPSNのフリープレイになっていた時期にDLしたもののやっていなかったのでやってみたのだが。。。

虚無

元々のFF7には思い入れがそれほどない自分が言うのもあれなのかもしれないが、それで良いのかスクエニよ、と言う印象がどうしても拭えなかった。という話を書いていく。

個人的にあまりゲームのシナリオは重視しない方ではあるが、このゲームは従来のムービーゲーの流れを踏襲している関係でシナリオ部分の比重が大きくなっている。 操作して探索/戦闘を行うパートとシナリオを読むムービーパートが半々ぐらいの比率なわけだが、そのシナリオがあまりに冗長すぎる。例えば伍番魔晄炉爆破の 場面は次のようになっている。

原作では1時間かからないほどだったはずだが、上記でまとめて10時間程度に渡るような内容になっている。 原作でもそれほどストーリーとして何かが語られるような場面でもなかったので、進行に関わる重要な話が出てくるわけでもなく、 とにかく長い。 全体的にそんな内容がとにかく多い。コルネオの館潜入も手前に闘技場で戦うイベントが増えていたり、 下水道に落とされて列車墓場経由で七番街スラムに戻るまでも細かなシナリオを挟んで3〜4時間かかったりと、 とにかく原作からの追加分が多いのだが、物語の背景を語るような内容が追加されているわけではなく、 引き伸ばし感がとにかく大きい。この引き伸ばし感と、全体的なフィールドの仕掛け関連のもっさり動作が加わって とにかくダレる。最初のうちはまあこんなものかという感じなのだが、それがずっと最後まで続くのがなかなか厳しい。 もっさり感で言えばエアリスと教会から脱出する場面もなかなかで、戦闘なしで反応の遅い鉄パイプ雲梯渡りをやったり ただ一本道をセリフを聞きながら移動するだけの場面が続いたりと、PS4で美しくなったミッドガルを眺めることに 興味がそれほどないと辛いシーンが長く続くのが辛い。 さらに最後の神羅ビル潜入がなかなかで、突入イベント後に謎の社会科見学イベントを挟んで上層階に登った後、 宝条の研究室を数時間延々と探索させられるという引き伸ばしがされているが、 レッドXIIIをうまく使ってスイッチを押そうと指示が出るが単にアイコンが出たらボタンを押す、 レバーを引くのに△を押しっぱなしにするなど、それわざわざやらせる意味があるか? というアクションを合間合間に挟ませており、テンポが悪いのがなかなか最悪。 挙句、最後の名物バイクパートを抜けた後になぜか原作にないよく分からないポエムを聞かされたと思ったら 突然キングダムハーツが始まってセフィロスと戦ってまたポエムを聞かされて終わるという 謎の流れをさせられ、完全にポカーンとなった状態に。