レポートボックス2020


提出日 1/3(金)

長文なのでこちらに、去年のゲームまとめ

2019年新作

遊戯王デュエルモンスターズlegacy of the duelist[40]
現行ではリンク召喚が使える唯一の遊戯王DCG。遊戯王自体がそこそこ面白いので遊べはするのだが、 タッグフォースシリーズより大幅にUIがレベルダウンしており、パック開封や演出の長さが非常にストレスフル。 一応今年カード追加のアップデートあるらしいが、UIは変わらないと思われるので苦しい。
スーパーマリオメーカー2[90]
前作で欲しかったパーツが追加。痒いところに手がとどく...と思いきやスロープパーツの制約だったり 3Dワールドのスキンの特殊性だったりでやっぱり微妙に手が届かないところがあるのが困る。 ただ作りがいはある。
ファイアーエムブレム風花雪月[95]
新たに育成パートが追加され、かなり自由度高く各ユニットの育成ができる。それに応じ戦略も色々と考えられる。 ボリュームも3+1ルートありかなりのもの。ハードだと難易度は物足りないか?
DQ11S[80]
まだ途中。ハードモードがあり、結構やりごたえのある内容にはなっているが、中盤のスキルパネル拡張以降難易度が かなり下がってしまうのが気になる。あと全体的に懐古厨御用達な内容なのも少し...まあドラクエならしょうがないのかもしれないけど。
アカとブルー TypeR[70]
このご時世に初心者お断りのアーケード2DSTGだと...?

旧作、移植、継続など

ケツイDEATHTINY[100]
ついに表2周クリア到達。夏コミに本も出せました。
ダライアスコズミックコレクションLimited Edition[80]
ぜいたく旧作9本詰め合わせ。ただ、STGとして面白いのは初代と外伝ぐらい、まあまあ遊べるのがMDIIとフォースぐらいなので、 薦められるかというと微妙なところ。初代と外伝やるならアーケードエディションのみ購入推奨。
DQ4[80]
DQ11に備えてやっていなかった過去作をやっていたところでやったもの。ゲームバランス自体はそこそこ良いが、役割被りのキャラがいたり 一部極端に面倒なところがあったり。
星と翼のパラドクス[75]
8vs8対戦。タイマンできなくてもそれっぽい動きができるので楽しいといえば楽しいが、対戦ゲーにしては1プレーが長くそこそこの料金なので、 やや敷居は高い。
アーケードクラシックス アニバーサリーコレクション(コナミ)[80]
コナミのSTG旧作+ドラキュラの合計8作詰め合わせ。グラディウスI,II,沙羅曼蛇などは押さえられているので、 その辺に興味があるなら。
FF12TZA[80]
2倍速モード、トライアルアイテム持ち帰りやボードリセットなど遊びやすくなる追加機能が追加。 シナリオはあれだが中身はおすすめ。
モンスターハンターワールド:アイスボーン[85]
今まででいうG級にあたるDLC。閃光弱体化に各種攻撃手段の充実、モンスターライドなど上位までで微妙だった点の改善もされていて、 よりやりがいのある内容になっている。追加モンスターもそこそこに多く、ボリュームも十分。 ただ元々それなりに時間のかかる上位までを十分にやり尽くしているのであれば少し冗長かも。
エスプレイドψ[80]
ケツイ同様のACチャレンジモードやミッションモード追加などでクリアまでの道筋はかなりやりやすくできている。 ゲーム自体は難しめ、結構避けの技術を求められるタイプのゲームなので結構人を選びそうな印象は強い。

前半は色々とシューティング、後半はFEとMHWIでほとんど費やした感じに。 今年はとりあえずDQ11を終わらせて積んでいたものも消化していきたい。